1884年、ブライトリングはスイスの小さな村に開かれた時計工房から始まりました。
1942年以降、「クロノマット」「ナビタイマー」を発表し、航空計器として各国のパイロットの人気を集めます。
低迷期もありましたが、現会長のアーネスト・シュナイダーが「クロノマット」「エアロスペース」「オールド・ナビタイマー」を発表したことにより、ブライトリングを救うことになります。

ブライトリングの魅力はブライトリングの優れた視認性や耐久性、装飾性でしょう。
ダイヤル面に反射を抑えるギョーシェ掘りを施した文字盤に、太陽光下においても反射光を99%カットするサファイアクリスタル製のガラスで視認性を確保してしています。
エンブレムには18Kゴールドやホワイトゴールドを使用し、厚いグローブをはめていてもスムーズに操作できるようリューズやプッシュボタンには細かな刻みがつけられています。
耐久性や耐腐食性はもちろんのこと、さらには耐磁性にも優れ実用的でありながら、磨かれぬかれたデザインでパイロットだけでなく多くの人に愛用される製品です。

ブライトリングの人気モデルとしては、主にクロノマットとナビタイマーが挙げられます。
クロノマット1984年にイタリア空軍の公式クロノグラフとして開発されました。現在に至るまでモデルチェンジを繰り返し、近年発売されたモデルは、やや小ぶりな印象もありながら、洗練されたデザインとなっています。
ナビタイマーは、文字盤の周りにたくさんの目盛りがあり様々な計算ができる機能があります。
万が一を常に考えなければならないパイロットにとってはもうひとつフライトコンピューターがあるこのモデルは心強いですし、デザインも緻密な印象を受け人気です。